読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらが東京以外でございます。

劇団「東京以外」の公演情報や日々の練習情報をお届けします

『こりっち舞台芸術』を活用してもっと気軽に演劇観ようよ!

こんにちは、劇団東京以外です。

f:id:outoftokyo:20161109153212p:plain

金曜日の今日は劇団東京以外制作担当による演劇アレコレです。

今回は『こりっち舞台芸術』をもっと活用しようよ!ってお話しです。

 

こりっち舞台芸術とは

演劇やダンスなど舞台芸術系の口コミとチケット予約サイトです。

stage.corich.jp

日本全国で上演されている舞台芸術の情報がみっちり詰まったサイトで、現在上演中の作品もこれから上演の作品もトップページで一覧になって紹介されています。

こりっち舞台芸術では、それこそぐるなびとかと同じで、その舞台芸術について口コミを書くことができるのですが、これから観るという人のコメントや観た人のコメントが結構赤裸々に書きだされているので、それを覗くだけでも結構面白いです。

 

チケット予約に活用しよう

日本全国で行われている舞台芸術の情報が詰まっていますから、わざわざ公演公式サイトに訪れなくても、「ああ、そういえばこれみたかったなあ」まるで映画のオンラインチケット予約のような気軽さで芝居のチケットが取れます。

 

正直このご時世、紙媒体の宣伝で目を引かれて芝居を観に来てくれる人は極端に少ないんじゃないかと思っています。演劇が活発な地域のお手洗いなどにみっちりポスターが貼ってあったりしますが観劇の行動には直接結びつきづらくなった気がする

だけど「こりっち舞台芸術」の存在と合わせて、舞台芸術を行う側が宣伝すれば、ポスターで目から入った情報が、情報サイトに現れた時、思い出されやすいのではないかと。

 

ここだけ書くと、完全に演劇を“やる”側の話になってしまいますが笑、でも情報が一同に集まったサイトで観劇ネットサーフィンをしていると、思わず観たくなる演劇に出会うこともあるんですよ。

 

買い物先で全然関係ない心惹かれた買い物しちゃうのとまったく一緒笑。

 

ワークショップ参加に活用しよう

舞台芸術の情報のみならず、ワークショップやオーディション情報が載っているのも特徴です。掲示板があり、そこで情報を眺めているとなかなか面白そうなワークショップがごろごろ転がっています。

私は演劇に費やしていた時期は基本的にこりっち舞台芸術を眺めては面白そうなワークショップに足を運んでいました。ワークショップでは芝居を観るだけでは味わえない、実際に自分が体験するという楽しみがあるので、演劇を普段見ないけど、どんなもんか知りたいという人にはおすすめします。

 

もちろんそれで「演劇ってやっぱうへー」と思ったっていいじゃない笑!でも何かしら一度体験してみたいな、と思ったら舞台芸術に関する情報がゴロゴロしている「こりっち舞台芸術」に目を向けてみるといいですよ!

 

遊ぶように芝居を観てほしい

舞台芸術はもちろん敷居が高いことを誇りに思う芸術もあるかもしれませんが、相手がいる、いないはすごく重要で、だからこそ一人でもいいから観に来てほしいものです

こりっち舞台芸術の中に溢れる舞台芸術の情報の中から、興味深いあらすじ、ストーリーの芝居を見つけ出し、観に行ってそれが本当に面白かった時の喜びはほんと半端ではありません!

 

ぜひ、演劇系ネットサーフィンの1つとして、覗いてみてください。

では。

 

劇団東京以外 制作担当